日本陽電子科学会会報「陽電子科学」

■発行ずみ会誌一覧 ※2017年3月1日より,過去2年分以前をオープンアクセス化しました。
※冊子版バックナンバー(有料)については学会事務局までお問い合わせください.

■第10号(2018年)  [PDFファイル(3.6 MB)

  • 巻頭言
    • 全反射高速陽電子回折による結晶表面研究
      一宮 彪彦(名古屋大学)  [PDFファイル

  • 入門講座
    • 液体中のポジトロニウム1
      小林 慶規(産総研)  [PDFファイル
    • BellとGrahamによって,高分子などの非晶質固体中とともに液体でのポジトロニウムが約65年前に見出されてから,液体中のポジトロニウムの形成,消滅,反応の解明のため,多くの研究が行われてきた.本入門講座では,2回に分けて,液体中のポジトロニウムを解説する.本稿では,初期の研究の発展の歴史を振り返りながら,液体中のポジトロニウムに関する実験法,ポジトロニウムの反応や形成などの基本概念と液相ポジトロニウム反応の速度式を説明する.

  • 最近の研究から
    • 第一原理計算によるAl合金中の空孔-溶質原子クラスターの構造解明
      水野 正隆,杉田 一樹,荒木 秀樹(阪大),白井 泰治(阪大/京大)
      PDFファイル
    • 第一原理計算によりAl合金における空孔-溶質原子クラスターの安定性を評価した.Al-Znでは空孔の近接位置を全てZnが置換した状態が安定に存在するが,Al-Mg, Al-Siでは4原子置換した状態が最も安定となった.Al-Mg-Siの3元系合金の場合は,空孔の近接位置を全てMgとSiで置換した状態が安定に存在し,空孔-Mg4Si8が最も安定となった.SiとZnが陽電子寿命を短くするのに対して,Mgは陽電子寿命を長くする。Al-Mg-Siでは構造緩和によりMgの陽電子消滅への寄与がSiより大きくなる傾向がある.

    • 放射光施設ニュースバルにおけるレーザーコンプトンγ線誘起高速陽電子入射による陽電子消滅測定システムの開発
      堀 史説(阪府立),杉田 健人(兵庫県立大),岩瀬 彰宏(阪府大),寺澤 倫孝,宮本 修治(兵庫県立大)
      PDFファイル
    • 放射光施設の蓄積リング電子軌道上に可視レーザー光を入射すると逆コンプトン散乱により高エネルギーのγ線が得られる.この様な高エネルギーγ線をターゲットに照射することで対生成により高速電子・陽電子が発生する.我々は高エネルギーγ線ビームラインを有する放射光施設ニュースバルにおいて,電子対生成により生成されるMeVオーダーの高速陽電子を直接試料に注入して陽電子消滅測定に利用するシステムの開発を行ったので,本稿ではそのシステムとその利用例として,疲労試験した純鉄中の欠陥評価した陽電子消滅γ線ドップラー拡がり測定結果について紹介する.

    • 放射光施設ニュースバルにおけるレーザーコンプトンγ線誘起高速陽電子入射による陽電子消滅測定システムの開発
      前川 雅樹(量研・高崎)
      PDFファイル
    • スピン偏極陽電子消滅法(SP-PAS)は,電子スピンと空孔型欠陥を同時に検出できることから,空孔誘起磁性の研究に最適である.そこでスピン偏極陽電子ビームを電磁石中に導入し,磁場印加下でSP-PAS測定が可能な装置を開発した.これを用い,酸化亜鉛(ZnO)に誘起される磁性の研究を行った.空孔にスピン偏極電子が局在することを示す磁気ドップラー(MDB)スペクトルの強度は照射後に最大化し,亜鉛空孔を考慮した第一原理計算でよく再現された.照射後の熱焼鈍によりMDBスペクトル強度は消滅した.これらの挙動は磁化測定による強磁性の挙動と一致し,亜鉛空孔が空孔誘起磁性の源であることを明らかにした.

  • 研究室紹介
    • 東京理科大学理学部 第二部物理学科 長嶋研究室
      永田 祐吾(東理大)  [PDFファイル

  • ご案内  [PDFファイル
    • 2017年度量子ビームサイエンスフェスタ(協賛)
    • 第55回アイソトープ・放射線研究発表会(協賛)
    • 京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」
    • 18th International Conference on Rositron Annihikation (ICPA18)
    • 15th International Workshop on Slow Positron Beam Techniques and Applications (SLOPOS15)
    • 12th International Workshop on Positron and Positronium Chemistry (PPC12)

  • 共同利用施設から  [PDFファイル
    • KEK物質構造科学研究所フォトンファクトリー低速陽電子実験施設
    • 京都大学原子炉実験所高強度低速陽電子ビームラインの現状
    • 産業技術総合研究所 高強度低速陽電子ビームライン

  • 学会印象記  [PDFファイル
    • 第10回陽電子科学研究交流会の報告と印象記
    • 12th International Workshop on Positron and Positronium Chemistry (PPC-12)印象記
    • Positron Studies of Defects 2017(PSD-17)印象記
    • 2017 年度JST さくらサイエンスプラン印象記

  • お知らせ  [PDFファイル
    • 2017年日本陽電子科学会奨励賞選考結果報告
     
  • その他  [PDFファイル
    • 事務局から
    • 日本陽電子科学会 会則
    • 日本陽電子科学会会報「陽電子科学」投稿規程および投稿の手引き
    • 編集後記

■会報について

本誌記事の無断複写等を禁じます。

会員専用のPDFファイルの閲覧にはユーザー名およびパスワードが必要です。ユーザー名には会員の皆様が本会のメーリングリストに登録されているメールアドレス,また会員の皆様にメールでお知らせしたパスワードを入力下さい。

登録メールアドレスは個別にお送りした請求書(正会員)もしくは電子メール(学正会員)にてお知らせしています。メールアドレスに変更があった場合は新アドレスを事務局までお知らせいただけますようお願いいたします。

認証やダウンロードに関しご不明な点は,ヘルプデスクまでメール(helpdesk@positron-science.org)にてお問い合わせ下さい。


■会報への記事の投稿について

会報への記事投稿に際しては,日本陽電子科学会会報投稿規程をよく読んでから投稿頂けますよう,よろしくお願い致します。また,記事のテンプレートを用意しておりますので,ご利用ください。投稿の際には確認書に必要事項を記入し,お名前を自署のうえ,ご提出ください。


■ アメリカ物理学会(APS)が著作権を有する文献を引用している論文については以下の利用許諾条項をご確認下さい。
Readers may view, browse, and/or download material for temporary copying purposes only, provided these uses are for noncommercial personal purposes. Except as provided by law, this material may not be further reproduced, distributed, transmitted, modified, adapted, performed, displayed, published, or sold in whole or part, without prior written permission from the American Physical Society.


【最新号】第10号(2018年)表紙


第9号(2017年)表紙


第8号(2017年)表紙


第7号(2016年)表紙


第6号(2016年)表紙
[オープンアクセス]


第5号(2015年)表紙
[オープンアクセス]


第4号(2015年)表紙
[オープンアクセス]


第3号(2014年)表紙
[オープンアクセス]


第2号(2014年)表紙
[オープンアクセス]


第1号(2013年)表紙
[オープンアクセス]